モノが少ないと大切にできる

今朝はNHKの「あさイチ」で「お金がたまる片づけ術」の特集をやっていました。

家と家計

 

その中で、お片づけ術を教えていたスーパー主婦の方がおっしゃっていたこと。

それは「モノが少ないとそのモノを大切にする」ということ。

本当にそうなんですよね。

人には管理できるモノの量というのがあります。

その量を超えてしまうと、それが家の中に「ある」けれども、それを「管理」することはできない状態になります。

「ある」ことを忘れてしまったり、汚れた状態のままホコリやカビがついてしまったり…。

それではその「モノ」も、それを置いている「スペース」も、その家に住んでいる「私」もかわいそう、そして金銭的にも、もったいない状態です。

「モノ」も「スペース」もお金がかかっているものですから。

モノが少ないとそのモノを大切にする、そんな大切なモノに囲まれて暮らしたいですね。

こちらの記事もおすすめです

著者プロフィール