ウォークインクローゼットか壁面クローゼットか

新築のお宅ではウォークインクローゼット、やっぱり人気がありますね!

大好きな洋服をたくさん収納できるというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?

間取り図

ただしこのウォークインクローゼット、注意点があるんです。

それは「ウォークイン」の呼び名通り、人が入って歩くスペースが必要ということです。

引き出しを設置した場合も、引き出しの手前に、引き出しを引くための90㎝以上の幅が必要です。

出入口付近は人が出入りするので、収納には使えませんね。

こんな風に「収納スペースが思ったほどない!」とおっしゃる方、結構いらっしゃいます。

ただ、お部屋のようになっているので、そこをお気に入りの空間として上手に、素敵に活用されている方も、もちろんいらっしゃいます♪

収納の量で考えると、無駄なスペースなく使えるのは、壁面クローゼットです。

壁一面を大きく使い、窓などが取れないというデメリットがありますが、収納できる量は多くなります。

どちらもメリットとデメリットがありますので、これから家を建てる方、リフォームを考えている方は、参考にされてくださいね♪

こちらの記事もおすすめです

著者プロフィール