お片づけは時間をかけて

先日新聞記事の投稿でこんな内容のものを読みました。

それは、「なかなか家が片づけられない、片づけのプロの人に『2~3年使っていないなら今後使うことはないですよ』と言われるも、そんなことは頭では分かっている、けれども手放せないという状態が続いた」というもの。

新聞

そうなんですよね。

人の習慣というのは根深いもの。

変化も好みません。

「モノを捨てない」という生活をずっとしてきた方にとって、いきなりそれを「使わないから」という理由で手放すのは難しいものです。

でも、「このままではまずい…」と苦しんでいらっしゃるのであれば…。

そう、人は自分で変わろう、変わりたいと思えば変わることもできます。

その新聞に投稿した方は引っ越しという期限を目標に、時間をかけて取り組まれたようです。

時間をかけて少しずつ。

私自身もお片づけを進めるにあたって、これまでたくさんのモノをもっていらっしゃる方に急に最小限に減らすようなことはおススメしていません。

モノを急激に減らすとその空いた空間が寂しくなって、またモノで埋めてしまうということをしがちだからです。

もし、モノが多すぎて困っていらっしゃる方は、少しずつ手放して、その心地よさを感じながら進めるといいと思いますよ♪

こちらの記事もおすすめです

著者プロフィール

次の記事

傘の収納