ラベリングの注意点

整理収納作業の最後に行うこと、それはラベリングです。

ラベルとペン

ラベリングをすると、整理収納の作業をした自分だけでなく、他の人にも置き場所が分かりやすくなり、モノを使ったあとは元に戻しやすくなりますね。

ラベリングをするときに気を付けることは、誰にでも一目で分かるようにするということです。

気を付けることは2つ。

1つはタイトルの付け方です。

例えば「大事な物」や「○○関係」などという曖昧なタイトルは自分には分かっても、他の人には分かりにくいもの。

誰にでも分かるような具体的なタイトルを付ける必要がありますね。

もう1つはラベルの文字の大きさなどの、見やすさです。

可愛いマスキングテープなどにおしゃれに英語で書いてみたら…、他の家族の人には何のことだか分からない、なんてことも…。

そんな風にならないためには、まずは大きく分かりやすく書くこと。

そうしてその置き場所が定着して、他の人が分かるようになってから、おしゃれなラベルにしてもいいかと思います。

ちなみにわが家はテプラでラベリングしています。

ラベリングも楽しい作業ですね。

自分だけでなく、他の人もモノの置き場所が分かるように、ラベリング、楽しみながらされてみてくださいね♪

こちらの記事もおすすめです

著者プロフィール