扉の厚みに注意

収納作りをするときに、扉がある場合はその厚みに注意!です。

例えば折れ戸の場合、扉の厚みが結構あります。

こんな風に。

折れ戸の扉

扉の種類や形状にもよりますが、おおよそ10㎝は厚みがあると考えていいでしょう。

そうすると、オープンな棚などは特に問題ないですが、引き出しを設置する場合、設置はできてもこの厚みの分は引き出せないかたちになります。

観音扉の場合もそうですね。

引き出しや棚などの収納用品、キレイに収まっていざ使おうと思ったら、引き出しが引き出せない!なんてことに…。

引き出し設置の際には扉の厚みに注意してくださいね。

また収納用品の設置の際は、実際の取り出し動作を試してみて、その使い勝手を確認してみてください。

収納は見た目も大事ですが、使い勝手が一番です♪

こちらの記事もおすすめです

著者プロフィール