出しっぱなしでも見た目良くするには

収納方法の中で一番使い勝手がいいのが、モノがそのまま出ている収納(?)ですね。

例えば吊り下げる、オープン棚に置く、鉛筆立てなどのスタンドに入れるなどなどの見える収納。

モノがそのまま見えているので、何がどこにあるか一目で分かりますし、取るとき、しまうときもラクです。

使う頻度が高いモノ、毎日使うモノはこんな方法がいいですよね。

キッチン用品の吊り下げ収納

ただし、見えるということは、見た目がいろいろな色やかたちがあると雑然としてしまいます。

何でもかんでも見える収納にしてしまうと、見た目がごちゃごちゃとした印象に…。

そこで、そういった見える収納にするモノは、気に入ったモノ、好きな色やデザインで揃えると、統一感が出ますね。

キッチン作業台の前

これはわが家のキッチン、作業台の前の収納棚です。

ちょっとごちゃごちゃしていますが、好きなデザインのモノばかりなので好きな空間です。

実用的なモノだけでなく、グリーンや飾りを置くのも見た目良くする方法ですね。

またモノを置きすぎないのもコツです。

 

毎日使うモノは使い勝手良く、好きなモノで揃えて見た目良くすると、気持ち良く家事ができますね♪

こちらの記事もおすすめです

著者プロフィール

前の記事

掃除をラクにする方法

次の記事

モノも循環させて