衣類の奥並べ

収納方法に「奥並べ」という方法があります。

別に難しいことでなく、同じ種類のモノを奥に並べていくというもので、奥行きのある収納には向いている方法です。

例えば衣類を入れる引き出しのチェスト。

同じ種類の衣類を奥に並べていくと、見た目もスッキリ、どこに何があるかが分かりやすい収納になりますね。

わが家のチェストではこんな仕切りを使って奥並べをしています。

衣類の仕切りケース

いろいろな大きさのものがあるので、入れる衣類の大きさに合わせて使います。

例えば靴下をこんな風に。

靴下を入れた仕切りケース

出し入れの方法としては、手前の衣類から出して使って、洗濯し終わったものは奥に入れていくと、順番にまんべんなく使うことができますね。

特にインナー類はこの方法が有効だと思います。

同じ種類のものがいくつあるか、数も分かりやすくなりますね。

引き出しチェスト、特にインナー類の収納はこの種類別に奥並べをする方法、おススメです♪

こちらの記事もおすすめです

著者プロフィール