日用消耗品、あるのに買ってしまうのは

日用消耗品、あるのに買ってしまうということありますか?

例えば、トイレットペーパー、ウェットティッシュ、スポンジなどなど。

トイレットペーパー「安かったから…」、「家にあまりストックがないと思って…」と、買う理由はいくつでもありますね。

そして、お店も私たちに買わせるのが上手です。

実は買わなくてもいいモノを、買わされているということもあります…。

日用消耗品のストックは、その量は決めると、収納スペースの使い勝手も良くなり、お財布にも優しくなると思います。

量の決め方としては、1つは収納スペースの大きさから。

その収納スペースに収まるだけにします。

また、量を決めるのにもっとも大事なのが、その消耗品をどれくらいの期間でどれくらいの量使い切るかを知ること。

例えばトイレットペーパー。

使い始めに、その日の日付けをパックの袋にペンなどで書いておきます。

そうすると、使い終わったときにその日付けを確認すればどれくらいの期間もつか分かりますね。

それによって、この量あれば何ヵ月もつということが明確になります。

そうすると、「もっとないと不安」という気持ちかがなくなりますね。

ちなみに、例えばトイレットペーパーのストック、わが家は2人暮らしで、最低3ヵ月分はストックしています。

私は3ヵ月分あれば十分、安心できる量です。

日用消耗品のストック、あるのに買ってしまう方は、まずはその量をどれくらいの期間で使い切っているか確認してみることをおススメします♪

こちらの記事もおすすめです

著者プロフィール