リビング棚の作り方

リビングやダイニングなど家族が集まる場所の棚、どのようになっていますか?

もし上から下までぎっしりとモノが詰まっているようであれば…。

圧迫感もありますし、地震のときにも危ないですね。

リビングやダイニングで収納棚を作るとき、こんな風に作ってみるといいですよ。

リビングの飾り棚

まず腰くらいの位置に棚板を設置、腰から肩くらいの高さのところには一番使いやすい高さになりますので、よく使うモノを収納します。

見た目に雑然としてしまう場合には、かごや引き出しを設置して見た目をすっきりさせるといいですね。

次に大きいモノや重いモノは下の位置に置いてみて、下から棚板の位置を決めていきます。

頭より上の位置にはできるだけモノを置かない方が、地震のときのために、また圧迫感をなくすためにいいですね。

見た目に寂しいときには、地震対策をして軽いモノを飾るといいかもしれません。

 

リビングやダイニングの収納棚、中くらいの高さにはよく使うモノをかご収納に、下には重いモノ、上にはモノを置かない、もしくは軽い飾りモノを地震対策をして置くのがおススメです♪

こちらの記事もおすすめです

著者プロフィール