火の用心、置き場所はどこに

空気の乾燥しているこの時期、火事のニュースがときおりありますね。

わが家では、火の元というとガスコンロ。

もしものときのために天ぷら火災用消火剤を置いています。

こういったモノ、もしものときのためのモノなので普段使う機会はありませんが、いざというときにはすぐに出したい、出ないと困るモノですよね。

そこで、置き場所としてはコンロの向かいにある引き出し、カトラリーなどがしまっている引き出しに置いています。

天ぷら火災用消火剤

(この天ぷら火災用消火剤は、火が出ているところにそのまま投げ入れればいいもののようです。)

この引き出しはよく開け閉めするので、置いた場所も忘れません。

引き出しの端に置いて、普段使いにあまりじゃまにならないように。

こんな風に、もしものときにすぐに取り出したいモノは、よく目にする場所、しかもあまりじゃまにならない、そんな場所に置くといいですね♪

こちらの記事もおすすめです

著者プロフィール