役に立つ防災食品

コロナの状況、罹患しても入院できず、自宅療養する方が増えているようですね。

万が一罹患した場合、そして軽症で自宅療養となった場合に、必要なモノの準備をしておくと少し安心です。

新聞やテレビでも伝えられていますが、防災用品を備蓄している方は防災食品も役に立ちます。

例えばこういった食品。

おかゆとポカリスエット

体調が良くない、食欲がないときときを想定して備蓄しているおかゆやポカリスエット。

罹患してからでは買いに行くのが難しくなると思いますので、こういった食品があると安心です。

また感染防止のための除菌スプレー、マスク、使い捨てのゴム手袋やレインコート、症状緩和のための市販の風邪薬などもあるといいようですね。

参考:東洋経済オンライン『コロナ感染で「自宅療養に必要なものリスト」』

防災と同じ考えで、できるかぎりの範囲で準備しておくと安心です。

レインコートはごみ袋で手作りできるようですね。

私も作ってみようかなと思います♪

こちらの記事もおすすめです

著者プロフィール

前の記事

年賀状の保管、その後

次の記事

お部屋のごみ箱の数