フライパンや鍋の数

みなさんはフライパンや鍋、いくつ持っていますか?

お片づけをお手伝いしていると、これらを実際に使っている以上に持っていらっしゃる方が多いです。

フライパンと鍋

それぞれのご家庭、ご家族の人数や料理の頻度、レパートリーなどで、必要な数は異なりますね。

ですが、おおよそになりますが、一般家庭で必要と思われる数は、フライパンは大・小1つずつ、鍋は大・中・小と3つくらいあればいいかと思います。

お片づけのお客様で、フライパンや鍋の数を減らしてしばらく様子を見てみると、数が少なくて困ったということをおっしゃる方はほとんどいません。

フライパンや鍋は、実は増えやすいモノなのかもしれません。

フライパンや鍋、収納スペースにいっぱいに入っていて使いにくいという場合には、上記の数を参考に数を減らしてみて、その減らした数でしばらく、1ヵ月くらい様子を見てみるといいですね。

その方がフライパンや鍋の使い勝手が良くなると思いますよ♪

こちらの記事もおすすめです

著者プロフィール

前の記事

梅雨時期はお片づけ

次の記事

ファイリングの見直し